INTERVIEW
インタビュー

奥原 真紀子

Makiko Okuhara

Profile
出身地 大阪府岸和田市
資格 社会保険労務士(特定社会保険労務士 付記)
入社 2008年

未来経営の志望の動機は?

信州大学卒業後、長野県南安曇郡奈川村(現松本市)の開発公社へ就職し、労務を担当することになりました。その会社は結婚を機に退職したのですが、その後子育て中に社労士試験に合格したので、その資格を活かして再就職をしたいと考え未来経営を志望しました。

仕事内容を教えてください。

現在は社労士を8割、会計を2割位の割合で行っています。決して楽な仕事ではありませんが、社長や人事の担当者など、毎日色んな人に会って話が聞けるので刺激が多く、やりがいがあります。

未来経営の良さはどこですか?

働くときのルールが整備されていて風通しが良い事務所だと思います。相談できる相手が数多くいて、SOSを出せば悩みを聞いてくれる仲間がたくさんいるのも魅力です。また、仕事の段取りは各自に任されている部分が多いので、子どもの行事などでお休みする場合でも、周りへの迷惑を最小限に抑えることができます。特に子どもの病気などで、当日の朝、急にお休みをしないといけないこともありますが、理解のある職場なので、ありがたいです。

プライベートについて教えてください。

どうしても煮詰まったときには、仕事終わりに家族には内緒でこっそり温泉に立ち寄って、一人で考える時間を作って気持ちを切り替えるようにしています。

未来経営を目指す方へメッセージをお願いします!

女性が「産む性」なのは変えられませんから、女性が働く上で、キャリアの中断や変更はついてまわるものだと思います。しかし、「子どもがいる」ことを言い訳にせずに「責任のある仕事をする」ことはできると思っていますし、私自身もそう心掛けています。ぜひ未来経営で「仕事が楽しいと人生が楽しい」を実現してほしいです。